せいこーうどく。

ゼロから始めるフリーダムないなか暮らしの記録

f:id:kodai1988:20160822211111p:plain 新潟県十日町市より。フリーダムに生きるための田舎暮らしブログ f:id:kodai1988:20160822211206p:plain

顔と実名を出すようになったらブログがもっと自由に書けるようになった。

顔や名前を出すのは怖かった

時は今年4月。このブログの前身だったライブドアブログ時代。

一番最初はハンドルネーム「うどくせいこう」として活動をはじめました。

 

ブログ開設と同時に人生初のtwitterアカウントを作り、顔を出さずにひよこさんに活躍してもらってました。

f:id:kodai1988:20160802141047p:plain←だれが何と言おうとひよこ(名前はまだない)

このコはLINEスタンプを作ったときの副産物だったりする。

 

 

当時はフェイスブックのアカウントすら持っていませんでしたよ。

いや、作った方がいいのかなーって何度か思ったんですが、どうにもめんどくさくて挫折。

 

ブログで顔も名前も出すなんてもってのほかって感じ。怖かったですからね。 

まさかたった4か月後に顔も名前も出すようになるとは思ってませんでした

 

 

 

 

顔を出すようになったきっかけ

さとうひよりさんの彼氏求人で衝撃を受けた

顔を出すようになったというか、別に隠さなくなったという感じなんですけどね。

 

きっかけはtwitterで、あるnote記事を知ったことでした。

note.mu

twitterで話題になった、すーぱー色々クリエイターさとうひよりさんの彼氏求人広告

有料記事なのに購読者は続出し、採用の際は大手企業も真っ青の倍率をたたき出したようですね。

 

それまで彼女のことはまったく存じなかったんですが、なんだこの人は!って感じで一気にファンになりました。

 

 

 

情報を発信する自分自身が最大の資本

そして、この求人広告からあることを学ばせてもらいました。

 

それは、文章の書き手にとっては自分自信が資本であるということ。

自分を発信することには価値があるし、知りたいと思ってくれる人がいる。 

 

読み手が共感しやすいよう、顔を出してありのままを公開することはアリなんじゃないかと考えるようになりました。

「楽しそうな写真だけど、オレの顔映ってるから隠さないと…」

ってなったら、記事のエネルギーが削がれちゃうかもしれません。

 

その後も何度か顔写真を公開しては隠し、みたいなことがあったんですが、結局は一週間ほどで顔を出すことで落ち着きました。

 

 

ちなみに求人記事は買わなかったんですが、結果記事は気になったんで購入しちゃいました。

史上初、さとうひよりさんの有料恋人求人の結果を知りたい人はこちらの記事をどうぞ。

note.mu

 

 

 

実名で書いたら、もっともっと自由になった

ハンドルネームを捨てて実名で書くようになった理由

この7月にはてなに移って新しくブログを初めてから、ハンドルネームを捨てて実名で書くようになりました。

 

理由は、ハンドルネームの自分とリアルの自分を使い分けることに疲れたからです。

この話は公開したら自分を特定されるんじゃないか...とか無意味に怖がってたんですよね。

 

いや、それなら最初から個人をぜんぶ公開しちゃえ!と思いきったので実名に。

はてなに移ったのは心機一転したいという思いもあったんでしょうね。

 

 

facebookでリアルの知り合いにも公開した

そしてfacebookのタイムラインに記事を公開するようになりました。

その最初の1回目、自分の書いた記事をfacebookでシェアするのがほんとうに怖かったんです。

だってけなされたらヘコむし、無視されてもヘコむし...こわいじゃん。 

 

ところが思い切って公開してみたら、びっくりするほど応援メッセージが来ました。

何年も会ってないような友人が読んでくれて、あやうく泣くところだった。

 

ブログを通じてやりたいことを発信するようになって、「こういう人がいるから紹介するよ!」っていう出会いもありました。 

自分を発信することで、加速的に夢へと進める。そんな感覚を最近感じています。

www.kodai1988.com

 

もちろん、中には「なにやってんだコイツ」みたいに思ってる人もいるかもしれません。

でもそういう人はそもそも自然に離れていくので気にしなくていいと思います。

 

顔と名前を出したことで、等身大のじぶんで怖がらずに表現できるようになりました。

もう隠すことなんて何もない!自由だああああ!

 

1000万人に読まれるブログよりも、どこかの誰かが共感してくれる小さなブログ。

そんな記事が書けたら幸せだなーと感じています。

なので書きたいことを書いていこうと思います。気の向くままに。

 

 

 

顔と名前を出して自由なフィールドが増えた

顔と名前を出すことにはリスクがともないます。

 

公開するようになってから、やっぱり隠したいっていうのは難しいと思うので慎重に判断していただきたいです。

 

わたしがブログをやる最大の理由は、きっと自分への癒しにあるんです。

誰かのためにとかじゃなくて、自分の思うことを書いたら誰かが共感してくれる。

その感覚がブログを通じた自分への癒しなんじゃないかなぁ。

 

なのでわたしは、「これは隠す」「これは公開する」という線引きがなくなったことで自由に自分を発信できるようになりました。

もっとライティングのスキルを上げていくぞー。