せいこーうどく。

ゼロから始めるフリーダムないなか暮らしの記録

f:id:kodai1988:20160822211111p:plain 新潟県十日町市より。フリーダムに生きるための田舎暮らしブログ f:id:kodai1988:20160822211206p:plain

ゲストハウスpongyiにて。言葉のカベなんて幻想だよ。

f:id:kodai1988:20160722222226j:image

金沢へぶらり原付バイクの旅

まる4日時間があるので、原付バイクでぶらりと旅に出ました。

目的地は金沢のゲストハウスpongyi(ポンギー)。

 

 

f:id:kodai1988:20160722222405j:image

梅雨の真っ只中でしたが、この三日間は晴天。

9時間かけて長岡から金沢まで250キロを走りました。

1日に原付で移動できる距離はこの辺が限界かなー。

 

f:id:kodai1988:20160722222615j:image

 お昼は国道8号名物の8番ラーメン。

 

ただバイクで風を切ることに徹していると、いろんなしがらみや囚われが消える。

坐禅とか瞑想とかでもいいんだろうけど、わたしにはこのやり方があってるんでしょう。

 

f:id:kodai1988:20160722222851j:image

 

言葉のカベの正体は、じぶんのこころのカベ

pongyiは2年ぶり。

前と変わらず、細やかで優しい空気が満ちていました。

 

国籍も年齢もバラバラだけど、同じ場所で友人としてくつろいで語り合える。

こんな場所をわたしも作りたいなぁ。

 

言葉のカベなんて本当はないのかもしれませんね。

実際に、カタコト英語とカタコト日本語で通じちゃってますから。

うん、なんとかなるよ。

 

 

日本語同士でも、相手を理解しようという気持ちがないと通じないですよね。

逆に、お互いに相手をわかろうとすればあやふやな言葉でも言いたいことは伝わるはず。

 

言葉が違うのを理由にして、こころのバリアを貼っちゃうのはもったいない。

 

 

相手を理解したいと思う気持ちがあればなんとかなる

相手をわかろうとしない理由なんて、簡単に見つけられる。

けど、相手をわかろうとするのは根気がいる。とても根気がいる。

 

人と人とは100%理解しあえることはないけれど、

少しでも理解しようと近づく姿勢があればいいんじゃないでしょうか。

きっとなんとかなるさー。

 

 

夜はみんなで花火大会をしました。

花火は世界を超えて笑顔をつくれると知りました。

 

みんなで納豆を食べたけど、納豆はギリギリ世界を超えられなかったようです。

 

さて、明日からはノープランです。

何をしようかなー。